3.瑕疵担保責任について

瑕疵(かし)とは
「見えない欠陥や不具合」の事を言います。

見えている欠陥や不具合があった場合は
売主から事前に説明や修繕がされます。

しかし…
売主にもわからない、知らない欠陥が
あった場合はどうでしょう…



「瑕疵担保責任」とは
その物件に瑕疵があった時、売主が
その責任を持たなければいけないというものです。

すべての新築住宅(完成後1年以内の住宅)は
「住宅品質確保促進法」により、
10年間保証されます。

つまり、工務店や不動産業者は
瑕疵が見つかった場合
無料で修復することが義務付けられています。

修復の義務があるのは、
建物の瑕疵(建物構造上主要な部位の木部の
腐蝕・雨漏り・シロアリの害・給排水管の故障)
対象です。


私達不動産業者も保険に入っていて、
万が一業者が倒産して責任の所在が
わからなくなった時でも、その保険金から
修復する費用が支払われるよう
保険の加入が国の施策として義務付けられています。