2.検査・安全性

建売住宅は
建築基準法に適合している建物であることを
きちんとチェックして建っています。

①【建築確認申請】
家を建てる時は、工事を始める前に
市町村に対して申請をし、
建築基準法に定められた安全な
構造・規格の建物かの審査を受ける。
審査に合格すると、確認済証が発行され
工事を開始することができる。

②【中間検査】
構造耐力上主要な軸組の工事と
屋根の工事が終わり、中間検査を受けます。
書類通りに工程が進んでいるかのチェックです。
この検査を合格し、次の工程である
内装工事や外壁の工事へと進めます。


③【完了検査】
竣工後4日以内に行うことが義務
されている検査。検査の担当者が現地で
「確認申請通りに建てられているか」
建築基準法に適合しているかを確認
「検査済証」が発行される。
違法建築でないという証明書でもある。