税金についての記事一覧

◆不動産取得税とは…
土地や建物を新たに取得した人に
1度だけかかる税金

無償で贈与を受けた場合でも
課税される。相続の場合は非課税。


厳密に言うと、不動産(土地・建物)を
売買・贈与・交換・建築
(新築、増築、改築)などで
取得した人が支払う税金。


収める額は購入価格や建築費に
関係なく、市町村の「固定資産課税台帳」
登録されている
「不動産の価格」(課税評価額)に
一定の税率を掛けた金額。



・宅地の特例措置
平成8年1月~平成33年3月31日までに取得
→課税評価額が2分の1に


・住宅用家屋に対する軽減措置
一定の要件を満たす住宅は
1200万円が評価額から引かれる。
(長期優良住宅の場合は1300万円)

→納付額が0円になる可…
◆登録免許税とは…
不動産に関する登記をする際に支払う税金


司法書士が登記手続きの時に
お預かりしたお金を支払っているので
「納税している」という感覚が湧きにくい税金。


所有権の保存・移転や抵当権の
設定に対して課税される。

★(標準課税)×一定の税率=納付額

取得税と同じで税率の軽減措置がある

プロパティの概算見積書には
こういった諸経費も最初から
住宅ローンでまとめられるように記載しています

40~50万ほどの予算取りをしているので
急に「お金が必要になった!」と
焦る必要はありません。

◆印紙
契約書1通にあたり、
1万円の印紙の貼付をします。


平成32年3月11日までの軽減措置で
1,000万円~5,000万円の
売買契約の印紙は1万円です。


軽減措置がない場合は、15,000円です。


余談ですが・・・
50億円の売買契約では
なんと48万円の印紙が必要です。

納税しているという感覚が湧きにくいですが
印紙も税金として納めているものです。



★登録免許税や印紙税は「流通税」と呼ばれ
「資産(財産)の権利の移転(所得)」に
対して課税されるものです。

自動車の重量税も「流通税」のひとつです。
◆固定資産税とは…
不動産取得税や登録免許税とは違い、
毎年課税・納付する税金。

土地と建物それぞれに課税される。

【静岡県の場合】
1月1日の所有者(固定資産課税台帳に
所有者として登録されている人)が納税義務者

おおよそ4~6月に納付の通知が来る。

支払うのは4月から始まる1年(年度)分

また、市街化区域内にある土地・家屋に
対しては「都市計画税」が課税され
固定資産税と同時に徴収される。
「都市計画税」は都市計画事業や
土地区画整理事業に要する費用に充てられます。

納税方法は1年度分を一括納付か
年4回払い(1期~4期それぞれ納付期限がある)



・固定資産税=課税標準×1.4%
・都市計画税=課税標準×0.3%

ですが、
様々…

◆すまい給付金とは…
住宅購入にあたり
「消費税の引き上げによる負担を軽減」
することを目的に現金の給付を受けられる制度
2021年12月まで実施予定
(2019年2月現在)


・すまい給付金を受け取るためには
申請書を作成し、必要書類を
添付して申請(手続き)をすることが必要です。
申請をしないと
給付は受けられません!


・給付基礎額は10~30万円
単純に所得の少ない人という基準ではなく
県民税の所得割額を用いて
給付基礎額を算定します。
一定額以上の所得がある人は対象外です。



給付額=給付基礎額×持分割合
すまい給付金HPにて給付額の
シミュレーションができます!

源泉徴収票があるとより正確に算出できます。


2019年10月以…
◆住宅ローン控除とは…
金融機関から住宅ローンを借り入れ、
住宅を取得した人が確定申告をすることで、
取得から10年間
所得税(+住民税の一部)が控除される制度。

◆各市町村の補助金
静岡県の場合、各市町村で
住宅購入者を対象とした補助制度があります。

市外からの転入で受けられる補助金(移住金)や
特定の金融機関を利用することにより
利子補給が受けられるなど
様々な補助を受けることが可能です。

補助金は最大100万円の市町村や
5~10年の間0.3%の利子補助の
市町村もあります!!

各市町村のHPに
補助制度の有無や適用条件
申請方法などが確認できます。



      ◆注意◆
静岡県内すべての市町村で
補助制度を行っているわけでは
ありません!


補助のための予算には限りがあるので
購入のタイミングで年度の定員を満たし
制度を利用できない場合もあります。


補助制度を利用の場合
申請のタイミングなどもご相談く…